【最新刊】八日目の蝉

八日目の蝉

角田光代 著

649円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    直木賞作家・角田光代が全力を注いで書き上げた、心ゆさぶる傑作長編。不倫相手の赤ん坊を誘拐し、東京から名古屋、小豆島へ、女たちにかくまわれながら逃亡生活を送る希和子と、その娘として育てられた薫。偽りの母子の逃亡生活に光はさすのか、そして、薫のその後は――!?極限の母性を描く、ノンストップ・サスペンス。第2回中央公論文芸賞受賞作。

    続きを読む
    提供開始日
    2013/07/05
    連載誌/レーベル
    中公文庫
    出版社
    中央公論新社
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    レビューコメント(1401件)
    • 八日目の蝉
      2020/06/19

      『僕のへそのを緒を見せて!』母親にそうねだった私。そのものを見たいわけじゃない、自分の母親が本当に自分の母親なんだという証拠が欲しかった私。桐箱に入れられた貝の干物のようなそのへその緒を見て安堵する私...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 八日目の蝉
      2013/03/25
      ネタバレ
      この内容にはネタバレが含まれています
      Posted by ブクログ
    • 八日目の蝉
      2018/11/06

      2018/11/4読了


      岡山が舞台とか、女性の「母性」の物語とかで
      話題となり、大ヒットにもなった作品。
      自分は映画の方を先に見、今更ながら原作を
      読む次第となりました。
      映画評の方をしっかり書い...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    他のレビューをもっと見る

    セーフモード