卍の殺人

今邑彩 著

712円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    荻原亮子は恋人の安東匠とともに彼の実家を訪れた。その旧家は二つの棟で卍形を構成する異形の館。住人も老婆を頂点とした二つの家族に分かれ、微妙な関係を保っていた。匠はこの家との訣別を宣言するために戻ってきたのだが、次々に怪死事件が起こり……。謎にみちた邸がおこす惨劇は、思いがけない展開をみせる!著者のデビュー作。

    続きを読む

    レビュー

    • 2013/03/17Posted by ブクログ

      再読。卍型をした奇妙な屋敷で起こる連続殺人。奇妙な執着に囚われたかのような一族の雰囲気も、実に奇々怪々です。しかし嫌だなあ、こんな家庭は。
      とにかく人間関係のどろどろとした醜さがこれでもか、というほど...

      続きを読む
    • 2011/11/13Posted by ブクログ

      久し振りの今邑作品。
      ちょっとダークな雰囲気漂うストーリーが多いですが、やっぱり面白いです。

      タイトルから話の展開が予想出来てしまいましたが、もちろん予想外だった部分も多くて しっかり楽しめました。...

      続きを読む
    • 2012/01/09Posted by ブクログ

      前回「ルームメイト」がおもしろかったんでつい買った。

      今回も手の凝った、それでいて「ありそうでなさそう」なちょっと強引かというほどの世界観でのミステリーを楽しめた。最もミステリーってそーゆーモンなん...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A000148024","price":"712"}]

    セーフモード