【最新刊】〈本の姫〉は謳う4

〈本の姫〉は謳う

4冊

多崎礼 著

990円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    文字(スペル)による世界の崩壊は止まらない。そして、アンガスと〈俺〉という語り手によって紡がれたもう一つの「物語」が交錯する時、世界は……。多崎礼の紡ぐ物語これにて終幕!

    続きを読む
    提供開始日
    2013/07/05
    連載誌/レーベル
    C★NOVELS
    出版社
    中央公論新社
    ジャンル
    文芸
    • 〈本の姫〉は謳う 全 4 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      〈本の姫〉は謳う 全 4 巻

      3,960円(税込)
      39pt獲得

    レビュー

    3.8
    62
    5
    18
    4
    21
    3
    21
    2
    2
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2018/10/24Posted by ブクログ

      面白かったけど、なんかこんがらがった。
      いや、ずっとこんがらがってたのだけど。
      やっぱりセラが嫌いだなぁ。物語は本当によく出来てると思う。
      ラストも、なるほどと思うし、純粋に良かったなと思うけど、アン...

      続きを読む
    • 2018/10/23Posted by ブクログ

      うーわー、面白かった!「俺」視点と「アンガス」の話と交互に盛り込まれ読み手に色々想像させて楽しい!!
      姫も最初はあまりにもアニメっぽくて、イマイチだったけど話が進むにつれて可愛く頼もしく思うようになっ...

      続きを読む
    • 2016/02/27Posted by ブクログ

      うーん。やはり、最後まで人物描写に満足できなかった。単純に好きなキャラクターができなかったというだけかも。
      煌夜祭と同じく、世界観の構築はすごい。だけど、心理描写の書き込みがいまいち。なんか、キャラク...

      続きを読む
    開く

    セーフモード