ぼくもいくさに征くのだけれど - 竹内浩三の詩と死

稲泉連 著

781円(税込)
ポイント 7pt

通常ポイント:7pt

僕だって、戦争へ行けば忠義をつくすだろう。僕の心臓は強くないし、神経も細い方だから――映画監督を夢見つつ二十三歳で戦死した竹内浩三が残した詩は、戦後に蘇り、人々の胸を打つ。二十五歳の著者が、戦場で死ぬことの意味を見つめ、みずみずしく描いた記録。第36回大宅壮一ノンフィクション賞受賞作。

続きを読む

レビュー

レビューはありません。

レビュー投稿

セーフモード