ふところ手帖

子母澤寛 著

1,571円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    勝海舟、榎本武揚、男谷下総守、島田虎之助、山内容堂から座頭市まで、歴史小説の第一人者がその実像を丹念に追跡し、限りない愛惜を行間にこめて、幕末動乱の時代相とともに、独自の語り口であざやかに描出した、格調高い歴史随筆集。

    続きを読む

    レビュー

    • 2010/02/01Posted by ブクログ

      子母澤寛は、118年前の1892年2月1日北海道石狩市生まれの小説家。

      現在ではほとんど読まれなくなったといってもいい存在ですが、それでも近くの小さな書店を覗くと、『新選組始末記』『勝海舟』『味覚極...

      続きを読む
    • 2010/11/08Posted by ブクログ

      出版社 / 著者からの内容紹介
      勝海舟、榎本武揚など幕末動乱を生きた人物の実像を、歴史小説の第一人者が独自の語り口であざやかに描出した、格調高い歴史随筆集。〈解説〉尾崎秀樹

    [{"item_id":"A000147942","price":"1571"}]

    セーフモード