父性の復権

林道義 著

814円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    父の役割は家族を統合し、理念を掲げ、文化を伝え、社会のルールを教えることにある。この役割が失われると子どもは判断の基準、行動の原理を身につける機会を逸してしまう。いじめや不登校が起こり、利己的な人間、無気力な人間が増えるのもこの延長線上にある。独善的な権威を持って君臨する家父長ではなく、健全な権威を備えた父が必要だ。父性の誕生とその役割を家族の発生と社会の形成との関連から検証し、父性の条件を探る。

    続きを読む

    レビュー

    • 2005/08/05Posted by ブクログ

      母性の復権と同様に その 必要性とあり方を 教えてくれる本です。 現代社会に 決して 過言ではなく 正に欠け過ぎている部分を 訓練するならば 補える事を教えてくれます。

    • ネタバレ
      2011/03/31Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2013/07/23Posted by ブクログ

      (1997.11.14読了)(1997.09.19購入)
      (「BOOK」データベースより)amazon
      父の役割は家族を統合し、理念を掲げ、文化を伝え、社会のルールを教えることにある。この役割が失われ...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A000147940","price":"814"}]

    セーフモード