パリの秘密

鹿島茂 著

691円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    パリに居座るゲニウス・ロキ(地霊)は、多くの秘密を生む――エッフェル塔、モンマルトルの丘から名もなき通りの片隅まで。数百年の時を経てなお、パリに満ちる「秘密」の香りは遊歩者(フラヌール)を惹きつけてやまない。夢の名残を追って現代と過去を行き来する、瀟洒なエッセイ集。

    続きを読む

    レビュー

    • 2011/02/27Posted by ブクログ

       先日、神戸オリエンタルホテルのカレー復活のドキュメンタリーを観た。阪神大震災以来途絶えていた伝説の絶品カレーを、15年ぶりに甦らせた料理人の執念の物語であった。苦心惨憺の末探しあてた、独特のコク・深...

      続きを読む
    • 2018/12/18Posted by ブクログ

      趣のある本でした。ここまで詳しくないからほとんどの地名は分かりませんでしたが、時々歩いたことのある場所やその近くが出てきて風景を思い出しました。また近いうちにパリに行ってみようと思います。

    • 2012/06/13Posted by ブクログ

      大名行列に続き、秘密のタイトルが続きますが、内容は全く異なります。
      鹿島氏の著書はこれまで何冊も読んできましたが、エッセイは初めてかもしれません。

      東京新聞に連載された短いエッセイがまとめられていま...

      続きを読む
    [{"item_id":"A000147872","price":"691"}]

    セーフモード