薔薇の殺人

内田康夫 著

607円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    それは不思議な「誘拐事件」だった。女子高生・浜岡文絵が自室から音もなく姿を消し、翌日届いた一通の脅迫状以外、犯人からの連絡は一切ないのだ。そして七日後、文絵の亡骸が山林で発見された……。宝塚歌劇団出身の清純派女優と大物男優が実の親と知らずに育った文絵の身に、何が起きたのか?宝塚へ向かった浅見光彦が見た最も悲しく美しいフィナーレとは!

    続きを読む

    レビュー

    • 2013/11/21Posted by ブクログ

      何で題が薔薇の殺人かと疑問に思っていたが 悲劇 ベルサイユの薔薇をもじってつけたんだなと読み終わってから納得 宝塚公演は僕の住む郡山にも市民会館に来ていますが僕もまだ一回も見たことがなです えへへ
      ...

      続きを読む
    • 2016/03/25Posted by ブクログ

      図書館で。
      このシリーズも息が長いなあ…。

      タカラヅカも綺麗なだけではないんだろうけどでもこのお話は色々と無理があるような、無いような。後輩に抜かれるってああいう縦社会だと軋轢がありそう。このモデル...

      続きを読む
    [{"item_id":"A000147867","price":"607"}]

    セーフモード