覇者の戦塵1942 - 急進 真珠湾の蹉跌

谷甲州 著

880円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    巨大化する日本に危惧を抱き、牽制を繰り返す米国。太平洋の二大シーパワー激突の瞬間は刻一刻と迫っていた。昭和一七年四月、戦爆連合約百機が、黎明を衝いて真珠湾に突撃するが!?

    続きを読む
    • 覇者の戦塵 全 41 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      覇者の戦塵 全 41 巻

      37,060円(税込)
      370pt獲得

    レビュー

    • 2013/10/13Posted by ブクログ

      前巻でメジュロ環礁襲撃が予告されていたので、「もしかして竜巻作戦!?」なんてことを思っていたら、こう来ましたかという感じ。なるほどねー。

      輸送船団を追う潜水艦が見えない相手の意図を推理していく過程に...

      続きを読む
    • 2017/07/15Posted by ブクログ

      覇者の戦塵シリーズ、第7作です。
      今回はノモンハンを舞台に、モンゴルを支援するソ連軍と、満州国の日本軍が激突します。欧州での戦いを経験しているソ連軍は、戦車戦において日本軍よりも装備・戦術で優位に立っ...

      続きを読む
    • 2017/07/18Posted by ブクログ

      覇者の戦塵シリーズ第8作です。
      独ソ戦の一方で、ソ連が北千島の日本軍に対して、大規模な侵攻作戦を仕掛けてきます。技術的には、開発が進められていた電探が、戦局に大きな影響を与えます。
      しかし今回は、華々...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A000147820","price":"880"}]

    セーフモード