【最新刊】覇者の戦塵1945 硫黄島航空戦線

覇者の戦塵

谷甲州 著

990円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    日本軍は本土への戦略爆撃を狙う米軍四百機の撃退に成功した。しかし機動部隊による本土攻撃を阻まれた米軍は、マリアナ諸島を狙う零式艦戦隊をP61“ブラックウィドウ”による奇襲で壊滅させた。一方、秋津大佐らの終戦工作は最終段階へ迫る。終戦の鍵を握る蒋介石との面会を図るのだが……。作戦が佳境に向かう最中、厚木基地には飛行機乗りたちが集められる。彼らが搭乗を命じられたのは飛龍と複座に改造された零戦の練習機。P61撃滅の策を授けられた搭乗員たちは、異形の航空隊は、一路、硫黄島へと向かう――!

    続きを読む
    提供開始日
    2019/03/29
    連載誌/レーベル
    C★NOVELS
    出版社
    中央公論新社
    ジャンル
    文芸
    • 覇者の戦塵 全 41 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      覇者の戦塵 全 41 巻

      37,060円(税込)
      370pt獲得

    レビュー

    • 2013/10/13Posted by ブクログ

      前巻でメジュロ環礁襲撃が予告されていたので、「もしかして竜巻作戦!?」なんてことを思っていたら、こう来ましたかという感じ。なるほどねー。

      輸送船団を追う潜水艦が見えない相手の意図を推理していく過程に...

      続きを読む
    • 2017/07/15Posted by ブクログ

      覇者の戦塵シリーズ、第7作です。
      今回はノモンハンを舞台に、モンゴルを支援するソ連軍と、満州国の日本軍が激突します。欧州での戦いを経験しているソ連軍は、戦車戦において日本軍よりも装備・戦術で優位に立っ...

      続きを読む
    • 2017/07/18Posted by ブクログ

      覇者の戦塵シリーズ第8作です。
      独ソ戦の一方で、ソ連が北千島の日本軍に対して、大規模な侵攻作戦を仕掛けてきます。技術的には、開発が進められていた電探が、戦局に大きな影響を与えます。
      しかし今回は、華々...

      続きを読む
    開く

    セーフモード