テレビCMの青春時代 - ふたりの名演出家の短すぎた生涯

今井和也 著

748円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    民間放送開局後10年を経た1960~70年代、テレビコマーシャルは、商品名連呼の時代を脱し、フィルムがひとつの「作品」として完成度を高めていった。なかでも日本天然色映画の杉山登志と電通映画社の松尾真吾とは、その短くも華やかな活躍によって、伝説的な演出家といわれている。本書は、長年企業の広告担当者として大ヒットCMにも携わった著者が、多才な人々が触発しあった熱い時代の息吹を伝えようとするものである。

    続きを読む

    レビュー

    • 2011/02/13Posted by ブクログ

      モービル「のんびり行こうよ」や、前田美波里が出演した資生堂のCMを手がけた杉山登志。
      「イエイエ」などをレナウンのCMを手がけた松尾真吾。
      二人のCMディレクターと共に仕事をしていた著者が触れた、...

      続きを読む
    [{"item_id":"A000147668","price":"748"}]

    セーフモード