手習重兵衛 - 母恋い

鈴木英治 著

712円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    江戸は白金村に戻り、手習所を再開した興津重兵衛。家主の娘おそのを妻に迎えるはずだったのが、重兵衛を仇と思いこんだ正体不明の女と同居する羽目に……。一方、村では半月ほど前から住み着いた謎の女が、男たちの好奇の的になっていた。

    続きを読む
    • 手習重兵衛 全 12 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      手習重兵衛 全 12 巻

      8,414円(税込)
      84pt獲得

    レビュー

    • 2012/12/17Posted by ブクログ

      重兵衛シリーズ⑫完結!!
      ⑪から続く話で諏訪での事件と江戸での事件が結びつく。
      すっきり!
      敵があまり強くなかったけど、鉄砲打ちはよかった。
      前回で重兵衛を殺したと思ったものの、奇跡的に重兵衛が生きて...

      続きを読む
    • 2020/02/06Posted by ブクログ

      梅雨なのに入道雲が出る暑さの中、同心惣三郎と中間の善吉は、十手を探し回る。
      そんな中も、見回りはしっかり、目は弱いものに思いやる。

      重兵衛はおそのと、買い物に歩いていると、旧藩の作之助にあう。
      作之...

      続きを読む
    • 2020/02/06Posted by ブクログ

      柿ヶ崎作之助にこわれ、吉原まで連れて行く。身重の女性をおぶって家に送る。婚約者のおそのが泣きながら手習所「白金堂」を飛び出す、、、などなど、ひなびた白金村の住人の間で噂が飛び交うたびに、重兵衛はおその...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A000147640","price":"712"}]

    セーフモード