旦那の意見

山口瞳 著

880円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    この頃、電車で席を譲らなくても気が咎めなくなった。志ん生晩年のかすれ声に涙を流す。角栄に義憤を感じつつも父の面影を重ねる。――『男性自身』で大好評を博した著者が「最初の随筆集」と断じてはばからぬ珠玉の自選名文集。

    続きを読む

    レビュー

    • 2005/02/03Posted by ブクログ

      エッセイの妙味もさることながら、川端康成論である「創意の人」および田中角栄論である「下駄と背広」はまさに秀逸。筆者の洞察力の深さをうかがわせる。

    [{"item_id":"A000147564","price":"880"}]

    セーフモード