魂無き刺客 - 士魂の音色

森村誠一 著

649円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    剣に将来を託し、武市瑞山の命ずるままに暗殺剣を振るい続けた岡田以蔵の末路(「魔剣」)。武士の魂である刀を交換した友に、公卿誤殺の罪を負わせた酒井兵庫の苦悩(「魂無き暗殺者」)。時代に殉じ苛烈に生きた刺客たちの命運を刻む時代短篇集。全八篇。

    続きを読む

    レビュー

    • 2010/07/14Posted by ブクログ

      自己の野望を叶えるため、以蔵を利用しようとする武市。愛する師の命ずるまま、以蔵は暗殺の道を走る。「暗殺が面白くてしかたがなかった」とあるように、進んで剣を振るう以蔵像が構築される。されど彼は、このまま...

      続きを読む
    [{"item_id":"A000147560","price":"649"}]

    セーフモード