高瀬川女船歌

澤田ふじ子 著

628円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    十七歳のお鶴は、京都・高瀬川沿いの旅籠「柏屋」の養女になって八年。尾張藩の京詰め武士だった父親は公金横領の濡れ衣を着せられて逐電し、高瀬船の女船頭だった母親は桂川で不審な死を遂げていた。一方、高瀬川に架かる四条小橋の庚申堂に、息を潜めて暮らす一人の男が――。荷船や客船で賑わう高瀬川に集う人々の哀歓を描くシリーズ第一作。

    続きを読む
    • 高瀬川女船歌 全 5 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      高瀬川女船歌 全 5 巻

      3,287円(税込)
      32pt獲得

    レビュー

    • 2014/04/29Posted by ブクログ

      何だか読みにくい。
      物語的な盛り上げがないのねん。
      あれ、ここで終わる?という風に、いつも終わってしまうので、肩透かしされた感じ。雰囲気あるんですけど。

    • 2010/11/13Posted by ブクログ

      教養足りないせいか、厳しいのも事実。
      ただ結論だと、僕にとっての肝心な部分の描写がない。

      うなぎの話はすきだけれど。

    [{"item_id":"A000147544","price":"628"}]

    セーフモード