【最新刊】太平洋戦争のif[イフ] - 絶対不敗は可能だったか?

太平洋戦争のif[イフ] - 絶対不敗は可能だったか?

秦郁彦 編

880円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    真珠湾、ミッドウェー、ガダルカナル、レイテ、本土決戦――太平洋戦争の重要な各局面における「イフ」を論じることで歴史の真実に迫る。厳密な史料分析をもとに第一線の研究者たちが挑んだ、意欲的な太平洋戦争史。

    続きを読む
    提供開始日
    2013/07/05
    連載誌/レーベル
    中公文庫

    レビュー

    3.7
    4
    5
    0
    4
    3
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2012/08/07Posted by ブクログ

      真珠湾、ミッドウェー、ガダルカナル、レイテ、本土決戦。太平洋戦争の重要な各方面における「イフ」を論じることで歴史の真実に迫る。厳密な資料分析をもとに第一線の研究者たちが挑んだ、意欲的な太平洋戦争史。
      ...

      続きを読む
    • 2013/05/06Posted by ブクログ

      よく、太平洋戦争を語るときに、真珠湾攻撃に第2次攻撃をしたら、
      どうなるか。あるいは、重慶を攻撃したら、どうなるか、ミッドウェーで、
      こうしたら、どうなるであろうかとかを、戦後、その後、わかった資料を...

      続きを読む
    • 2010/10/30Posted by ブクログ

      歴史上の「if」を「学術的」に追求しようとしたあまり、面白みに欠ける著作となってしまった感じがする。

    開く

    セーフモード