【最新刊】ステップ

ステップ

重松清 著

691円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    結婚三年目、突然の妻の死。娘と二人、僕は一歩ずつ、前に進む――娘・美紀の初登園から小学校卒業まで。「のこされた人たち」の日々のくらしと成長の物語。

    続きを読む
    提供開始日
    2013/07/05
    連載誌/レーベル
    中公文庫
    出版社
    中央公論新社
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    4.2
    119
    5
    57
    4
    42
    3
    16
    2
    3
    1
    1
    レビュー投稿
    • 2013/04/26Posted by ブクログ

      雑誌への連載中タイトルは『恋まで、あと三歩。』だと記されている。若くして妻(朋子)に逝かれて残された夫(健一)が幼い娘(美紀)の子育てに悪戦苦闘しながらも新しい自分自身への一歩、新しい恋への一歩、義父...

      続きを読む
    • 2020/04/17Posted by ブクログ

      R2.4.17 読了。

       映画化されると聞き手に取った。妻に先立たれた夫と幼い娘の物語。家族の形にこだわらなくとも良い。そう思える。重松さんの作品はやはり優しさにあふれている。
       人は生まれてからい...

      続きを読む
    • 2020/03/16Posted by ブクログ

      何回泣いただろう…
      何回笑っただろう…

      一歳半の娘を残してこの世を去った妻、朋子。
      「僕」は娘の美紀と一緒に親子二人三脚で進んでいくことに間違いはないのだけれど、もう少し正確に表現するなら家族みんな...

      続きを読む
    開く

    セーフモード