昭和文芸史

森まゆみ 著

838円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    大正五年の創刊以来、世に女性の多様な生き方を提示してきた『婦人公論』。同時に、その文芸欄は人気作家の競演の場となり、数々の代表作が生み出された。激動の時代をくぐり抜けた誌面から、二三人の作家と作品を通して、昭和文芸の豊穣を味わう。『「婦人公論」にみる昭和文芸史』を改題

    続きを読む

    レビュー

    • 2012/07/12Posted by ブクログ

      ずっと、どうも近代日本文学とか苦手だーと思っていたんだけど、この作品や「女三人のシベリア鉄道」を読んで、少し身近に感じられてきたような。たとえば、林芙美子。今までいろいろな評伝など読んでもいまひとつぴ...

      続きを読む
    • 2012/10/26Posted by ブクログ

      作家との距離感が読みやすい。
      文章もさっぱりしていてリズムがよくて好き。
      日本文学史をとらなかったので非常に弱い分野。
      勉強になるが、これを読んでこれに載っている作品を
      読んだよな気になるのが問題。
      ...

      続きを読む
    • 2012/05/16Posted by ブクログ

      「婦人公論」の文芸史であり、著者が女性ということからか、女流作家が多く取り上げられている。野上彌生子、宮本百合子、平林たい子、いずれも知られた作家だが、全く読んだことはなかった。戦中戦後を生きた女流作...

      続きを読む
    [{"item_id":"A000147361","price":"838"}]

    セーフモード