少将滋幹の母

谷崎潤一郎 著

796円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    左大臣時平のおもわれ人となった北の方は年老いた夫や幼い子と引き離され、宮中奥深くに囲われてしまう。母を恋い慕う幼い滋幹は母の情人がしたためた恋文を自らの腕にかくし、母の元に通う。平安文学に材をとった谷崎文学の代表作。

    続きを読む

    レビュー

    • 2019/12/29Posted by ブクログ

      この話の始まりは、色好みの平中こと兵衛佐平定文の色ごとからなる。
      時の左大臣は、政敵菅原道真を追い落とした藤原時平(通称しへい)。時平は年老いた叔父国経の若く美貌の北の方に目を付け、自分のものにしよう...

      続きを読む
    • 2015/08/12Posted by ブクログ

      私が読んだ谷崎作品では、少し異風。
      ご本人がよく登場する。
      谷崎さんは日記に興味がおありと見える。
      人の真実の声が描かれるからだろうか?
      谷崎さんは、見栄や何かをとっぱらった人の気持ちに興味をお持ちで...

      続きを読む
    • 2012/10/31Posted by ブクログ

      この作品は平安時代の和歌をネタにして、
      それを並べて物語を作っている作品のようです。
      新聞に掲載されていた作品のようで、
      その時に添えられていた挿絵も全て収録されています。
      谷崎自身は絵巻をイメージし...

      続きを読む
    [{"item_id":"A000147347","price":"796"}]

    セーフモード