シュレディンガーの哲学する猫

竹内薫 著/竹内さなみ 著

838円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ある日作家のもとに現れた、哲学者の言葉を語る不思議な猫。「語の意味とは何か?」「〈私〉は誰?」――哲学の諸問題を、猫と作家が案内する。サルトル、ウィトゲンシュタイン、ハイデガー、小林秀雄……古今東西の哲学者、思想家たちの核心を紹介。時空を旅する猫とでかける、「究極の知」への冒険ファンタジー。

    続きを読む

    レビュー

    • 2009/12/20Posted by ブクログ

      哲学書というと、入門書とはいえやっぱり難解で字を追いつつ内容追えてない、みたいなのがおおいんですが、コレは読み易かったです。
      上手に思想(?)をかみ砕いて、かつ掻い摘んで記されていて、哲学書のカタログ...

      続きを読む
    • 2017/03/26Posted by ブクログ

      正直ある程度知識がないと難しいかと思った。
      ニーチェの所でアポロン的、ディオニュソス的といきなり言われて違いがイメージできるかなと言った感じ。
      取り上げている人物は面白いし、優しく伝えようとする気持ち...

      続きを読む
    • 2009/04/28Posted by ブクログ

      シュレ猫と共に哲学する作者の物語と、哲学の解説が交互にあり、難解な哲学も、スラリ・・とは読めないが、体に馴染むような感覚で読み通すことが出来た。
      久しぶりに熱中して読んだ本。
      おススメ!

    開く
    [{"item_id":"A000147333","price":"838"}]

    セーフモード