皇国の守護者7 - 愛国者どもの宴

佐藤大輔 著

990円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    帝国東方辺境鎮定軍の冬季限定攻勢に大損害を与え皇都に帰還したのも束の間、今や政争にも影響を及ぼし始めた新城に怨嗟募る将家の顎が忍び寄る。国を過らしめるのは愛国者なのか、それとも逆賊なのか。残り数日で迎える凱旋式を境に暗雲漂う皇都の闇に蠢く無数の影が"皇国"の歴史を変えていく。

    続きを読む
    • 皇国の守護者 全 9 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      皇国の守護者 全 9 巻

      8,965円(税込)
      89pt獲得

    レビュー

    • 2010/07/26Posted by ブクログ

       皇都に凱旋したはずの新城だが、帝国の攻撃後も自らの身は生き延び勢力を伸ばそうとする守原にとって彼は駒城以上に抹殺すべき憎悪の対象だった。 こちらから先に守原を攻撃しようとする進言を駒城篤胤に退けられ...

      続きを読む
    • 2013/05/05Posted by ブクログ

      この巻は政治の季節。まさに嵐の前の静けさ。それゆえ底知れぬ具合の悪さを感じる。戦場だけじゃなくて、戦争の周辺で蠢いている策謀を各々の視点で語る今作は、登場人物の過去さえも浮き彫りにする。いや、むしろ戦...

      続きを読む
    • 2013/03/31Posted by ブクログ

      読んだきっかけ:漫画が面白かったから。

      かかった時間:2/15-2/16(2日くらい)

      内容:第7巻は、虎城戦勝利後皇都へ戻ってから、守原が「義挙」を策謀する。

      話が前にすすみません。

    開く
    [{"item_id":"A000147024","price":"990"}]

    セーフモード