遮断 - 警視庁失踪課・高城賢吾

堂場瞬一 著

942円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    厚労省高級官僚である六条舞の父親が失踪した。事件性はないと思われたが、1億円の身代金要求が届き様相は一変する。現金を用意して引き渡しに挑むものの、あえなく失敗に終わる。同時期にくせ者新メンバー田口はインド人技術者の失踪事件を調べていた。鍵は外国人労働者の就労斡旋なのか。二つの事件の関係は?書き下ろし長篇第7弾。

    続きを読む
    • 警視庁失踪課・高城賢吾 全 10 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      警視庁失踪課・高城賢吾 全 10 巻

      9,420円(税込)
      94pt獲得

    レビュー

    • 2018/11/16Posted by ブクログ

      警視庁失踪課・高城賢吾シリーズ第10弾 完結巻

      娘・綾奈の殺人事件で新たな目撃者・平岡を連れてきた同期の捜一の長野。

      当初は協力的に話をしていた平岡だったが、徐々に態度が硬化。弁護士やマスコミ...

      続きを読む
    • 2010/06/07Posted by ブクログ

      厄介者が集められたお荷物部署で実態は書類を右から左へ流したり
      データーベースに情報を打ち込んだり、相談に来る人たちの話を
      適当に聞き流すというマスコミ対策に作られたような部署。

      そんな部署を室長の阿...

      続きを読む
    • 2009/05/15Posted by ブクログ

      結構好きです。
      こういうの。

      メタボ一歩手前。
      アル中&ニコチン中毒&頭痛薬中毒?
      聞き込み相手のファッションチェックは欠かさない。

      警察物小説は大抵捜査一課が舞台ですが、
      これは「失踪課」(実在...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A000146951","price":"942"}]

    セーフモード