かぶき讃

折口信夫 著

1,028円(税込)
1%獲得

10pt(1%)内訳を見る

    「なまめける歌舞妓びとすらころされて、いよ敗れし悔いぞ身に沁む」(昭和二十一年)と詠んだ折口信夫は、戦中から戦後、歌舞伎について度々論ずるようになる。防空壕の中で死んだ中村魁車、上方歌舞伎の美の結晶実川延若、そして六代目尾上菊五郎。役者論を軸に、豊穣な知とするどい感性で生き生きと描く独特な劇評集。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード