開戦神話 - 対米通告を遅らせたのは誰か

井口武夫 著

838円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ワシントンの日本大使館が対米開戦を通告したのは真珠湾奇襲が始まった後だった。米国民は日本の「騙し討ち」に戦意を高揚させる。日本大使館員のミス、あるいはルーズベルトの陰謀とされてきた対米通告遅延の真因は?新たな史料発掘の結果、意外な犯人が浮かび上った。渾身の労作!

    続きを読む

    レビュー

    • ネタバレ
      2011/10/30Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    [{"item_id":"A000146753","price":"838"}]

    セーフモード