会社人間、社会に生きる

福原義春 著

726円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    資生堂創業家に生をうけ、新入社員の時から現場を経験した著者は、社長に就任後、大胆な経営改革、情報開示等、時代を先取りする経営を推進し、また社員の意識改革に積極的に取り組んできた。企業の枠を超えた、意欲的な文化活動への関わりでも知られる。会社の中での個人の働きがい、生きがいを探求し、また社会の中での企業の役割と位置づけを追求する姿勢はどのように育まれたのか。思索と行動の跡とその背景を辿る。

    続きを読む

    レビュー

    • 2005/05/02Posted by ブクログ

      哲学本である。著者は資生堂の元社長で、経営哲学のように書いてあるが、これは一般的な哲学にも通ずる。学ぶところ、共感するところの多い本である。

    • ネタバレ
      2011/03/28Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2013/08/26Posted by ブクログ

      創業者の一族で資生堂の社長を勤めた著者の恬淡としつつ、企業改革へ取り組んでいく姿勢に爽やかなものを感じました。生まれてからの半生、そして資生堂への不本意な入社、2人の社長の相次ぐ他界による突然の社長就...

      続きを読む
    [{"item_id":"A000146752","price":"726"}]

    セーフモード