【最新刊】SROVIII 名前のない馬たち

SRO

9冊

富樫倫太郎 著

902円(税込)
1%獲得

9pt(1%)内訳を見る

    その嘶きは、不吉な予告――関東近県で、乗馬クラブオーナーの死が相次ぐ。いずれも死因に不審な点は見られないものの、SRO(広域捜査専任特別調査室)室長・山根新九郎は奇妙な符合を見出す。人間の死と同時に、必ず馬が一頭、逝っているのだ。独自捜査を始めたSROの面々は、やがて北海道のある牧場にたどり着く……。彼らは、馬たちのダイイング・メッセージを読み解けるのか!?そして、最凶キラー・近藤房子の調教ゲームも新たな段階に。【警視庁のワケあり部署が活躍する、大ヒットシリーズ最新作!】

    続きを読む
    提供開始日
    2019/08/30
    連載誌/レーベル
    中公文庫

    レビュー

    4
    1
    5
    0
    4
    1
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2016/02/21yuu_yuu
      黒い羊の仮説

      世間的に立派な家庭からある確率で生まれてくる凶悪犯罪者(黒い羊)。
      黒い羊になるには家庭環境といった後天的な要素に加え、遺伝という先天的な要素も
      重要だとする仮説。
      発端はペンションで働く青年の失踪で...

      続きを読む

    セーフモード