ある市井の徒 - 越しかたは悲しくもの記録

長谷川伸 著

576円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    大衆文学に多くの傑作を生んだ著者が、逆境にありながらも独学を重ね、東京で新聞記者となるまでの半生を淡々と語った自伝随筆。〈解説〉伊東昌輝

    続きを読む

    レビュー

    • 2019/12/22Posted by ブクログ

      人気作家の自伝かと思いきや、前半生のことしか書いていない。新聞記者から作家になるあたりについては書かれていない。
      とはいえ、明治中期から大正にかけての世相を描いている部分は面白い。
      土建屋の父や職人(...

      続きを読む
    [{"item_id":"A000146630","price":"576"}]

    セーフモード