アマゾニア

粕谷知世 著

2,200円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    16世紀、太古からの伝説が未だ息づくアマゾン河流域――女人族の〈泉の部族〉は精霊の庇護の下、豊かに暮らしていた。大弓部隊隊長・赤弓は、家族を殺された怨みから宿敵〈オンサの部族〉を倒し、一族に平和をもたらす。その直後、大河を下り、飢えたスペイン人たちが現れた。赤弓は一行を撃退するが、傷を負って取り残された黒髭の男を見た守護精霊〈森の娘〉は、なぜか掟を破り、彼を部族に迎え入れるよう命じる……。濃密な生命と精霊に満ちた密林に展開する魂の喪失と再生の物語。

    続きを読む

    レビュー

    • 2006/06/17Posted by ブクログ

      粕谷さんは南米をモチーフにした作品を書かせるとすごいですね。クロニカでも圧倒されたけど、アマゾニアでまた絶句。こんな設定はなかなかないよね。神話のように神々しく瑞々しいストーリーに惚れました。大好きな...

      続きを読む
    • 2010/09/07Posted by ブクログ

      読み始めたらあっというまのアマゾニア。個人的には本家本元アマゾネス(ギリシャ神話に出てくる方)について知りたかった(小説ですが)んですけど、こっちもよいです。十六世紀ぐらいのアマゾン河流域が舞台で、複...

      続きを読む
    • 2006/10/18Posted by ブクログ

      16世紀アマゾン河流域で女人族〈泉の部族〉の大弓部隊長・赤弓が主人公。ファンタジーと言ってしまうには、とっても濃い作品。主人公の赤弓がとっても魅力的。男女の違い、異文化、生命の謎、自然の調和などいろい...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A000146619","price":"2200"}]

    セーフモード