【最新刊】ドグラ・マグラ(下)

ドグラ・マグラ
2冊

著者:夢野久作

626円(税込)
ポイント 6pt

通常ポイント:6pt

昭和10年1月、書き下ろし作品として松柏館書店から自費出版された。〈日本一幻魔怪奇の本格探偵小説〉〈日本探偵小説界の最高峰〉〈幻怪、妖麗、グロテスク、エロテイシズムの極〉という宣伝文句は、読書界の大きな話題を呼んだ。常人では考えられぬ余りに奇抜な内容のため、毀誉褒貶が相半ばしている。〈これを書くために生きてきた〉と著者みずから語り、十余年の歳月をかけて完成された内容は、狂人の書いた推理小説という異常な状況設定の中に、著者の思想、知識を集大成する。

続きを読む

レビュー

3.9
566
5
195
4
178
3
151
2
32
1
10
レビュー投稿
  • 2019/03/11Posted by ブクログ

    いやーいいですよ(笑)
    僕はこれ好きですけどねー
    だいぶ前の作品なのに今読んでも色褪せない新鮮さっていう(笑)
    夢野久作さんには頭が下がります。
    まあ、要約は出来ないんで感想は書けないんですが。
    オス...

    続きを読む
  • 2019/03/07Posted by ブクログ

    どこからが真実でどこからが幻覚かが最後までわからない、始まりも本当に1回目の始まりなのか、何回目かの始まりを読んでいたのか、考えるほど不安に魅力的に感じる素晴らしい作品

  • 2019/03/07Posted by ブクログ

    奇妙な現象や語り口調、過去の出来事、登場人物の相関図それら全てが奇妙に巧妙に盛り込まれていて一回読んだだけでは理解し尽くせない

もっと見る

セーフモード