いつも旅のなか

著者:角田光代

550円(税込)
1%獲得

5pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ロシアで国境の居丈高な巨人職人に怒鳴られながら激しい尿意に耐え、キューバでは命そのもののように人々にしみこんだ音楽とリズムに驚く。五感と思考をフル活動させ、世界中を歩き回る旅を、臨場感たっぷりに描く。

    続きを読む

    レビュー

    3.9
    42
    5
    13
    4
    14
    3
    15
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/06/14Posted by ブクログ

      良かった。この方がこんな旅をしていたとは意外だったし、ご自分では旅慣れていない、ダウナー派だと仰るが、とてもとてもさすがの純粋趣味だと思いました。確かに海外のひとり旅はいつも不安でドキドキで、そんな時...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2019/03/02Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2019/02/05Posted by ブクログ


      2019年7冊目。
      たっぷり時間がとれるなら、角田さん言うところの、「ダウナー系」の旅をしてみたい。なんの計画も立てず、のんびり遊んで、食べて飲んで眠って、それを繰り返す。現地民に溶け込んで仲良くな...

      続きを読む
    開く

    セーフモード