【最新刊】数学物語

数学物語

1冊

著者:矢野健太郎

385円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    エジプト、バビロニアにおける数字の誕生からパスカル、デカルト、ニュートンなど大学者の仕事まで、数学の誕生と発展のドラマをやさしく解説。数学の楽しさを伝えるロングセラーが大きな文字、綺麗な図版の新版に!

    続きを読む
    提供開始日
    2013/07/05
    連載誌/レーベル
    角川ソフィア文庫
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    趣味・実用

    レビュー

    3.7
    27
    5
    6
    4
    10
    3
    9
    2
    1
    1
    1
    レビュー投稿
    • 2019/12/28Posted by ブクログ

      0032 2018/05/17読了
      10年以上積読になってたのをやっと読んだ。もっと早くに読んでおけば、数学をもう少し好きになっていたかもしれない。
      数学は嫌いだけど、数学の誕生から学者たちの発見を説...

      続きを読む
    • 2018/11/23Posted by ブクログ

      今まで出会った数学系の本(うんちく、教養、公式、人物、小説、もろもろ)で堂々の第1位。これをレジの横で仕掛け販売してくれた、有隣堂武蔵小杉店に頭が下がります。

      特に数字の話。0の概念について、今まで...

      続きを読む
    • 2018/10/23Posted by ブクログ

      著者の矢野健太郎さんは、昭和を代表する数学者。プリンストン高等研究所に留学し、アインシュタインなどの当時世界最高峰の頭脳との交流があったことでも知られる。 本書は、このような著者の数学エッセイ集。初等...

      続きを読む
    開く

    セーフモード