タナトスの使者 1巻

完結

漫画:赤名修 原作:吉田穣

648円(税込)
ポイント 6pt

死にたいならヤツを探せ。必ず逝かせてくれる。男の名前は来島明良。生に絶望したとき、生に飽きたとき、生が苦痛なとき、彼を訪ねるといい。来島は、謎の組織「日本タナロジー学会」の、医師にして調査員。彼に「死に値する」と認められた人間は、安らかな死を処方してもらえるのだ…。『勇午』の赤名修が新たな原作者と描く、生と死の意味を問う人間ドラマ。雑誌上で絶大な支持を得た本作が、単行本でついに登場!

続きを読む
  • タナトスの使者 全 4 巻

    未購入巻をまとめて購入

    タナトスの使者 全 4 巻

    2,592円(税込)

レビュー

4.6
3
5
2
4
1
3
0
2
0
1
0
  • 2014/10/18Posted by ブクログ

    美麗な絵、死の代理人の美男・来島、来島の上役のアル中の実業家風青年、来島とコンビを組んでいるらしい変わり者の青年、なんか色々フラグ立ちまくりなんだが、きたがわ翔の『デス・スウィーパー』の様な方向へ行か...

    続きを読む
  • ネタバレ
    2014/06/06Posted by ブクログ

    この内容にはネタバレが含まれています
  • 2014/04/30Posted by ブクログ

    これだから漫画漁りはやめられない。 またしも大作と出会った予感である。 イキガミが実学の死生学とするならば、タナトスは哲学の死生学といえようか。 エピグラムもショウペンハウエルと、あからさまだがセ...

    続きを読む
もっと見る

セーフモード