【最新刊】平清盛 「武家の世」を切り開いた政治家

平清盛

1冊

著:上杉和彦

628円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

    多様な史料を用いて清盛の生涯を追いながら、虚像と実像を可能な限り見極めることで、日本の政治を武士が主導する新たな時代の幕を開けた清盛の姿を描く。

    続きを読む
    提供開始日
    2013/07/05

    レビュー

    3.3
    3
    5
    0
    4
    1
    3
    2
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2012/10/23Posted by ブクログ

      鹿ケ谷の陰謀は大掛かりな事件のように思われるが、実際は酒を飲んで平家の悪口を言った程度であったらしい。証拠はないが、多田行綱は密告者に仕立て上げられたのか?これによって後白河法皇幽閉、藤原成親流罪、西...

      続きを読む
    • 2012/01/16Posted by ブクログ

      (2012.01.16読了)(2012.01.10借入)
      平清盛について、簡単に史実を確認できるかと、薄い本を借りて読んでみたのですが、薄い分説明が詳しくできないので、あまりよく分かりませんでした。
      ...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2011/11/30Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています

    セーフモード