慟哭の余笹川 ―濁流を呑む男―

著:松本富生

918円(税込)
1%獲得

9pt(1%)内訳を見る

その日の雨は異常だった―。激しく大地を叩きつける雨音は一向に止む気配を見せないどころか、その強さを増していった。そして、私の元に一本の電話が舞い込む。知己の詩人が氾濫した濁流に呑みこまれ行方不明になったという報せだった。その時私は…。栃木県北を襲った集中豪雨で犠牲になった詩人の実話を基に描いた表題作ほか、7編を収めた短篇集。

続きを読む

レビュー

レビューはありません。

レビュー投稿

セーフモード