悲運の戦国武将たち 下野の動乱

著:大森隆司

1,080円(税込)
1%獲得

10pt(1%)内訳を見る

応仁の乱以降、室町幕府の権力構造は崩れ、日本全土が戦乱の世に陥った。中世から近世への激動期。野望に燃える甲斐の武田、奥州の伊達、小田原の北条、常陸の佐竹、越後の上杉ら列強の狭間で、力強く生きた下野の武将たちの姿があった―。戦国100年の下野を舞台に繰り広げられる、壬生家、皆川家、大田原家らが織りなす壮大なる歴史ドラマ。

続きを読む

レビュー

レビューはありません。

レビュー投稿

セーフモード