藤村操の手紙 華厳の滝に眠る16歳のメッセージ

著:土門公記

918円(税込)
1%獲得

9pt(1%)内訳を見る

明治36年、前途有望な16歳・藤村操が、大木に「岩頭の感」の句を書き残し、日光・華厳の滝に投身自殺した。後追い自殺が相次ぐなど当時の社会をにぎわせた「事件」。いまだ謎の多いこの「事件」の真相に、単行本初公開となる友人に宛てた11通の手紙や親族の証言、師・夏目漱石の反応などを頼りに、今、再び迫る。

続きを読む

レビュー

レビューはありません。

レビュー投稿

セーフモード