信頼の崩壊 黒磯ナイフ事件をめぐる事実と反省

編著:横島章

810円(税込)
1%獲得

8pt(1%)内訳を見る

1998年、栃木県の北・黒磯の中学校で男子生徒が女性教師をナイフで刺殺する事件が起きた。白昼の学校内で起きた事実は、全国を震撼させ、現代の若者を象徴する事件としてマスコミをにぎわせた。宇都宮大学で教育心理学を担当し、県内に多くの教師を送り出してきた著者が、新聞報道をたどりながら事件の本質に迫り、これからの学校教育のあるべき姿を提言した。

続きを読む

レビュー

レビューはありません。

レビュー投稿

セーフモード