発達障害のある子どもと話す27のポイント : わかりたい気持ちを高めるために

編著:湯汲英史 著:小倉尚子

1,980円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    発達障害や知的障害のある子ども・青年が理解しにくい、つまずきやすいことばによるコミュニケーション。理解を助け、力を高めるための指導方法を27のポイントで、保護者や指導者が働きかけるためのエビデンスを示したのが特徴。※この商品は紙の書籍のページを画像にした電子書籍です。文字だけを拡大することはできませんので、予めご了承ください。試し読みファイルにより、ご購入前にお手持ちの端末での表示をご確認ください。

    続きを読む

    レビュー

    • 2013/02/21Posted by ブクログ

      本書は、(社)発達協会常務理事である湯汲英史らによる、発達障害を持つ子どもや青年とコミュニケーションを取る際に、配慮すべきポイントについてまとめた本である。

      「抽象化に問題がある」「わかりにくい『も...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2016/01/22Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2012/09/09Posted by ブクログ

      ポイントごとに説明がされているので、読みやすく見やすい本でした。
      保護者でも支援者でもどちらが読んでもわかりやすいのではないでしょうか。
      月刊「発達教育」も読んでいるので、
      そこで読んだことがある内容...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A000145667","price":"1980"}]

    セーフモード