終戦のローレライ (3)

福井晴敏

660円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    その日、広島は核の業火に包まれた。人類史上類を見ない大量殺戮(さつりく)の閃光が、日本に定められた敗北の道を歩ませ、「国家としての切腹」を目論む浅倉大佐の計画を加速させる。彼が望む「あるべき終戦の形」とは?その凄惨な真実が語られる時、伊507乗員たちは言葉を失い、そして決断を迫られた。刮目(かつもく)の第3巻。【2005年3月公開映画「ローレライ」原作】(講談社文庫)

    続きを読む
    • 終戦のローレライ 全 4 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      終戦のローレライ 全 4 巻

      2,420円(税込)
      24pt獲得

    レビュー

    • ネタバレ
      2011/06/10Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2012/01/02Posted by ブクログ

      2011/12/29読了

      裏切りも、志も、全ては日本のあるべき終戦の形のためー。
      艦内での銃撃戦や思想と自分との戦い。
      浅倉が、この物語の黒幕的立場だけど、そこにあの田口が来るとは思わなかった。
      ...

      続きを読む
    • 2006/05/16Posted by ブクログ

      面白すぎるよ。「亡国のイージス」越えましたね、僕の中で。太平洋戦争を見てきた訳ではないから、若輩者の私が戦争を語る資格なんて有りはしないけど、福井さんの記述は余りにも生々しく描かれていて、感情移入とい...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A000145111","price":"660"}]

    セーフモード