川の深さは

福井晴敏

605円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    命をかけて守るべき人が君にはいるだろうか。「彼女を守る。それがおれの任務だ」傷だらけで、追手から逃げ延びてきた少年。彼の中に忘れていた熱いたぎりを見た元警官は、少年を匿(かくま)い、底なしの川に引き込まれてゆく。やがて浮かび上がる敵の正体。風化しかけた地下鉄テロ事件の真相が教える、この国の暗部とは。出版界の話題を独占した必涙の処女作。(講談社文庫)

    続きを読む

    レビュー

    3.7
    154
    5
    31
    4
    62
    3
    49
    2
    11
    1
    1
    レビュー投稿
    • ネタバレ
      2020/02/12Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • ネタバレ
      2020/01/01Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2019/08/27Posted by ブクログ

      骨太なハードボイルド小説ではありますがとにかく読みづらく、それでいてステレオタイプなキャラクターが多く、なんとなくそれぞれの結末が見えてしまったのが残念。
      派手なアクションシーンなど、漫画や映画のよう...

      続きを読む
    開く

    セーフモード