【最新刊】何のために生きるのか 感謝なき道、人生(ひと)の道にあらず

何のために生きるのか

1冊

著:冨安徳久

1,600円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    【注電子版にはDVDは収録されておりません。ご了承ください】国立大学入学直前にふとした縁で葬儀会社のアルバイトを経験し、これぞ天職と感動し、そのまま就職してしまう。その後、東海地方の互助会に転職するも、生活保護者の葬儀を切り捨てる会社の方針に納得できずに独立。いままで不透明だった葬儀料金を完全開示するという業界革命を起こすとともに、中部圏初の葬祭上場会社となり、注目を浴びる。業界では珍しい大卒の定期採用も始め、いまやマスコミで引っ張りだこの熱血経営者が語る、「いま」をムダにしない生き方とは?「生きている奇跡を噛みしめよう」「仕事ではなく志事をしよう」「幸せの種を拾い集めよう」「悪口は毒蛇だと思おう」「感謝の心は、実力を倍加する打出の小槌なり」……多くの死を見続けてきたからこそ、どうしても伝えたいことがここにある!

    続きを読む
    提供開始日
    2013/06/28
    出版社
    PHP研究所
    ジャンル
    趣味・実用

    レビュー

    5
    1
    5
    1
    4
    0
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2014/05/03Posted by ブクログ

      命とは何か?

      「必死」とは必ず死ぬと書く。その限られた時間のなかで誰かのため、何かのために役立たせる時間=命

      心に突き刺さる強烈なメッセージでした!!
      この本を読んで、自分に与えられた命を大切にし...

      続きを読む
    • 2011/07/30Posted by ブクログ

      この本は自分の人生の書としたいです。
      人の役に立つということがどれほど素晴らしいことなのかが書かれています。自分が何のために生きてるのか?どんな人間になりたいのか?を考え直すことができました。

    • 2011/07/12Posted by ブクログ

      冨安徳久著【何のために生きるのか】読了。いや、やっぱりこの人は凄い。これで、4,5冊は読んだと思うけど、読む度に自分の中で新たな発見とか、奮いたたせてもらう事とかが詰まっている。今回は、もう何回も読ん...

      続きを読む

    セーフモード