あたらしいあたりまえ。 暮らしのなかの工夫と発見ノート

著:松浦弥太郎

610円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

    あなたは、日々をただ、なんとなく過ごしてしまってはいませんか?何も考えたり思ったりせず、昨日と同じ毎日を繰り返すくらい、退屈で疲れることはありません。逆に、今日を少しでもあたらしいものにできれば、大切な一日を自分らしく過ごせて、それだけでうれしくなるものです。小さいことでもいい。あなたが発見したり、工夫したり、気がついたりした、あたらしさを大事にしましょう。本書では、著者が自身の経験から見つけた、「あたらしいあたりまえ」をたくさん並べました。暮らしと仕事をイキイキと輝かせるためのヒントがいっぱいです。特典として、食を大切にすることで日々を輝かせている料理家・高山なおみ氏の解説を掲載。『暮しの手帖』編集長からあなたへの「気づき」のプレゼント。

    続きを読む

    レビュー

    3.8
    33
    5
    11
    4
    9
    3
    10
    2
    3
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/04/09Posted by ブクログ

      今日もていねいに。が良かったのでこちらも。同じようにホッとする本。
      万年筆のすすめ、雨の日は花を買う、「貧乏くさい」を捨てる、考えるためのスイッチ

    • 2018/05/18Posted by ブクログ

      この本も、おだやかになれます。
      「今、おだやかでいるだろうか?」、自分に問いかけていきたい問いです。
      そして、最近体の調子が悪いのは、毒を食べたからかなぁ…と思いました。
      大切にしていこうと思うところ...

      続きを読む
    • 2017/09/24Posted by ブクログ

      松浦弥太郎さんのもっている穏やかさというものは、社会人生活をしているととても貴重なことに思われます。 スピードこそ命、「じっくり考えて」よりも決められた形で動いていく毎日を感じています。 ネットを情報...

      続きを読む
    開く

    セーフモード