【最新刊】六百六十円の事情

六百六十円の事情

著者:入間人間

671円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    世の中には、いろんな人たちがいる。男と女。彼氏と彼女。親と子供。先生と生徒。そして爺ちゃんや婆ちゃんとか。その中には、「ダメ人間」と「しっかり人間」なんてのも。あるところに、年齢も性別も性格もバラバラな「ダメ」と「しっかり」な男女がいた。それぞれ“事情”を持つ彼らが描く恋愛&人生模様は、ありふれているけど、でも当人たちにとっては大切な出来事ばかりだ。そんな彼らがある日、ひとつの“糸”で結ばれる。とある掲示板に書き込まれた「カツ丼作れますか?」という一言をきっかけに。入間人間が贈る、日常系青春群像ストーリー。

    続きを読む
    提供開始日
    2013/06/21
    連載誌/レーベル
    メディアワークス文庫
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    • 2012/06/15Posted by ブクログ

      小さなコミュニティの掲示板に書き込まれた
      「カツ丼は作れますか?」
      という一言によって、
      沢山の人たちが
      見えない糸で繋がっていく
      青春連作短編集。



      初めて読む作家だったけど
      カツ丼をめぐる群像...

      続きを読む
    • 2010/06/24Posted by ブクログ

      入間人間の作品は今のところほぼ全部読んでるけど、その中でも一番面白かったと思う。ラノベ的な面白さだけではなく、小説的な面白さもあった。

      プロローグ、エピローグと六章に章立てられている中で、特に面白か...

      続きを読む
    • 2016/04/25Posted by ブクログ

      何とも不思議なテイストの、
      でも最高に面白い「小説」である(^ ^

      ある日、地元の情報限定の掲示板に書き込まれた
      「カツ丼は作れますか」という謎の問いかけ。
      それを見た人々が、不思議なご縁でニアミス...

      続きを読む
    開く

    セーフモード