【最新刊】六百六十円の事情

六百六十円の事情

1冊

著者:入間人間

671円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    世の中には、いろんな人たちがいる。男と女。彼氏と彼女。親と子供。先生と生徒。そして爺ちゃんや婆ちゃんとか。その中には、「ダメ人間」と「しっかり人間」なんてのも。あるところに、年齢も性別も性格もバラバラな「ダメ」と「しっかり」な男女がいた。それぞれ“事情”を持つ彼らが描く恋愛&人生模様は、ありふれているけど、でも当人たちにとっては大切な出来事ばかりだ。そんな彼らがある日、ひとつの“糸”で結ばれる。とある掲示板に書き込まれた「カツ丼作れますか?」という一言をきっかけに。入間人間が贈る、日常系青春群像ストーリー。

    続きを読む
    提供開始日
    2013/06/21
    連載誌/レーベル
    メディアワークス文庫
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    3.8
    95
    5
    22
    4
    41
    3
    28
    2
    4
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/12/11Posted by ブクログ

      初めましての作家さんです。
      これは・・・何だ?
      別に事件が起きるわけでもないのに、ワクワクもドキドキも
      ハッキリ言ってないのに、何故か気になって読んでしまった。
      町のコミュニティーサイトに「カツ丼つく...

      続きを読む
    • 2019/01/07Posted by ブクログ

      毎年夏がくると読み返してるなあと。
      入間人間さんの著作で一番好き。
      各キャラクターののんびりさと、ゆるくてすてきやなーと思える空気感が最高です。私もカツ丼は好きです。

    • 2018/10/28Posted by ブクログ

      なんともほのぼのとする小説、

      日常の中で普通にある普通の出来事だけど、なぜか心が温かくなって、皆一生懸命生きていて・・


      そんな人たちの物語、最後の章ははやられた!の一言につきます。

    開く

    セーフモード