【最新刊】僕の小規模な奇跡

僕の小規模な奇跡

著者:入間人間

781円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「あなたのこと全く好きではないけど、付き合ってもいいわ。その代わりに、わたしをちゃんと守ってね。理想として、あなたが死んでもいいから」彼女に告白し、そして奇妙な条件付きの返事をもらった瞬間から、僕は彼女の為に生きはじめた。この状況が僕に回ってきたことが、神様からの贈り物であるようにも思える。この結果が、いつの日か、遠い遠い全く別の物語に生まれ変わりますように。入間人間の名作が、『六百六十円の事情』『ぼっちーズ』でコンビを組んだ宇木敦哉のイラストによって、待望の文庫化!

    続きを読む
    提供開始日
    2013/06/21
    連載誌/レーベル
    メディアワークス文庫
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    • 2011/08/23Posted by ブクログ

      “「別に。ただストーカーが、あっちの方にいたわ。多分」
      「へぇ、そっか」それは丁度良い。「じゃあ退治してくるよ」
      「は?」
      彼女が露骨に固まった。そうやって隙だらけに、感情を露出するのは珍しいなぁ。
      ...

      続きを読む
    • 2011/08/05Posted by ブクログ

      傑作でした。なんで入間作品をなんだかんだで読んでしまうんだろうというのに自噴の中で結論がでてしまう作品でした。

      20年前の話からはじまる物語ですがここの序章の展開がすごい好きです。余命僅かな僕が既婚...

      続きを読む
    • 2011/06/05Posted by ブクログ

      色々と並行して本を読んでいる中(この本含めて4冊ほど並行)、2日ほどで一気読み。
      私はどうやら入間人間さんが好きらしい。文とか、話とか。「電波女~」も「嘘つきまーくん~」も読んだことはないんだけど「6...

      続きを読む
    開く

    セーフモード