【最新刊】夏への扉

夏への扉

ロバート・A・ハインライン/福島正実

605円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ぼくの飼っている猫のピートは、冬になるときまって夏への扉を探しはじめる。家にあるいくつものドアのどれかひとつが、夏に通じていると固く信じているのだ。1970年12月3日、かくいうぼくも、夏への扉を探していた。最愛の恋人に裏切られ、生命から2番目に大切な発明までだましとられたぼくの心は、12月の空同様に凍てついていたのだ!そんな時、〈冷凍睡眠保険〉のネオンサインにひきよせられて……永遠の名作。

    続きを読む
    提供開始日
    2013/06/14
    連載誌/レーベル
    ハヤカワSF・ミステリebookセレクション
    出版社
    早川書房
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    • 2010/12/08Posted by ブクログ

       読了。

       ときは1970年、世の中ではコールドスリープが実用化され、徐々に普及し始めている。(※1950年代に書かれた小説です)とはいえ、それでもまだ、未来の治療法にすがるしかない重病人でもなけれ...

      続きを読む
    • 2012/09/03Posted by ブクログ

       ロバート・A・ハインラインの長編ネコ小説、もとい時間SF。主人公はネコのピート、を相棒としている技術士のダン。

       彼は親友と恋人に裏切られ、自身の発明までも失うばかりか、さらに意図に反して冷凍睡眠...

      続きを読む
    • 2013/03/28Posted by ブクログ

      主君カラバ公爵のために命も厭わず怪物にたちむかった猫。
      大好きだったペローの童話『長靴をはいた猫』を思い出している。

      粉挽きの三男坊が死んだ親父の形見分けとしてもらったのが猫一匹。
      明日の当てもなく...

      続きを読む
    開く

    セーフモード