やすらかな夜のための寓話

崎谷はるひ/蓮川愛

712円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    【イラスト付き】 刑事の小山臣は、人気画家で恋人の秀島慈英とともに赴任先の小さな町で暮らしている。ある日、慈英の従兄・照映がふたりのもとを訪れ……。慈英十三歳、照映十八歳の夏が語られる書き下ろし「ネオテニー〈幼形成熟〉」、商業誌未収録作「やすらかな夜のための寓話」「SWEET CANDYICE」「MISSING LINK」「雪を蹴る小道、ぼくは君に還る」を収録。

    続きを読む
    • 慈英×臣シリーズ 全 13 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      慈英×臣シリーズ 全 13 巻

      9,957円(税込)
      99pt獲得

    レビュー

    レビューコメント(14件)
    • 2010/05/16

      慈英×臣シリーズの4作目で、短編集。
      過去3作の合間を埋めるのが4話と、あざやかの後の話が1話。
      臣は結局、自分に自信がなくて臆病で…みたいなあたり、ねじれたEDGEの咲坂と実は同じじゃないか?と思っ...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 2010/02/09

      慈英×臣シリーズ短編集。
      どの話も臣さんの可愛さ爆発。
      「人間毛布」に胸を撃ち抜かれました(笑)
      挿絵めちゃくちゃ可愛いんですもん!
      そして臣、慈英、昭英のトライアングルが楽し過ぎました!
      慈英と昭英...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 2010/04/11

      短編集なのに一話一話の内容が深くてじっくり読みました。慈英と臣のミッシングリンクが埋まり、シリーズとしての完成度も高まってより好きなシリーズになりました。次の長編にも期待が膨らみます。

      Posted by ブクログ
    他のレビューをもっと見る

    セーフモード