群雄戦国志 1 佐和山の誓い

尾山晴紀

838円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    1600年、石田三成は関ヶ原決起を見送った。会津討伐が成され、徳川体制が確立されつつある中、三成はあからさまに家康臣従の態度をとり始めた。だが、その裏には、佐和山城での盟友・大谷義継の命を賭した諌言を受けての秘策があったのだった。

    続きを読む
    • 群雄戦国志 全 4 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      群雄戦国志 全 4 巻

      3,352円(税込)
      33pt獲得

    レビュー

    • 2008/02/08Posted by ブクログ

      IFもので一番お気に入りの本。ただIFにもかかわらず、いきなりある意味史実どうり刑部には泣かされた.....そして全編通して恩顧衆の格好良さ半端無いです。全4巻完結済み

    • 2011/08/30Posted by ブクログ

      もしも子飼いが結束していたら…というようなif小説。秀吉子飼い好きさんは一度読んでみて欲しい一冊。小西と加藤の仲は割と通常通りなのが、また良し。

    • 2007/02/02Posted by ブクログ

      関ヶ原の合戦が起こらなかったら。
      そういう設定の元に広げられる三成の戦い。1600年に挙兵しようとする三成を切腹することによって決起を思いとどまらせた大谷吉継。まるで、織田信長の守り役のようだ。そして...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A000140887","price":"838"}]

    セーフモード