【最新刊】花祀り

花祀り

著:花房観音

596円(税込)
1%獲得

5pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    桂木美乃は、京都の老舗和菓子屋『松吉』で京菓子職人の修業をしていた。ある夜、主人の松ヶ崎に連れて行かれた一軒家。座敷では都中の旦那衆が待ちかねていた。「男を知らん女なんぞ、一流にはなれしまへん」。男たちの目に曝され羞恥で硬直する身体に、松ヶ崎の繊細な指が纏わりつく……。『女の庭』で京女の性を描ききり話題となった著者、幻のデビュー作!第一回団鬼六賞大賞受賞。

    続きを読む
    提供開始日
    2013/06/07
    連載誌/レーベル
    幻冬舎文庫
    出版社
    幻冬舎
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    レビューコメント(8件)
    • 花祀り
      2013/12/03

      2013,12,2再読了。
      官能然としてるが、ソコに独特の香のようなモノが仕込まれているようで、ただの官能小説とは少々異なっている気がする。
      五「散華」中盤から、秀建視点の記述部が入ってくる。ラストの...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 花祀り
      2014/02/02

      うーん・・・期待した感じではなかったなぁ~。
      いかにもな官能小説って読んだことないからよくわからないけど、リアリティの無さが結構笑えるww

      期待した和菓子職人という設定とか、あんまり関係なかったよう...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 花祀り
      2019/11/11
      ネタバレ
      この内容にはネタバレが含まれています
      Posted by ブクログ
    他のレビューをもっと見る

    セーフモード