【最新刊】MURAKAMI 龍と春樹の時代

MURAKAMI 龍と春樹の時代

1冊

著:清水良典

877円(税込)
1%獲得

8pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    かつて“W村上”などという呼び方をされた時期もあったが、龍のファンは春樹が苦手で、春樹のファンは龍が嫌いだったりすることが多い。しかし、二人の作品を時代ごとに対比させると、両者とも「アメリカ」「戦争」「セックス」「バブル経済」「崩壊の予兆」「十四歳」など、根っこの部分で驚くほどテーマがつながっていることがわかる。両MURAKAMIの物語によってあぶりだされた私たち自身の時代を振り返る、今までにない鮮烈な試み!

    続きを読む
    提供開始日
    2013/06/07
    連載誌/レーベル
    幻冬舎新書
    出版社
    幻冬舎
    ジャンル
    趣味・実用

    レビュー

    3.2
    5
    5
    0
    4
    1
    3
    4
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2018/09/24Posted by ブクログ

      【No.266】「日本の新人作家はデビューしたあとは、芥川賞の受賞をめざして短編を書くことを文芸誌の編集部から強いられる。村上龍はその点、デビューしてすぐに、自由にどこにでも選んで書ける特権を手にした...

      続きを読む
    • 2014/07/27Posted by ブクログ

      「W村上」と呼ばれ、互いに比較されることの多かった村上龍と村上春樹の作品を対比し、両者が時代の問題とどのように向き合ってきたのかを考察した本です。

      「アメリカ」「戦争」「セックス」「バブル経済」「崩...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2012/03/05Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    開く

    セーフモード