吾が身をもって、叶えよと 陰陽師・安倍晴明

著者:結城光流 イラスト:伊東七つ生

1,404円(税込)
1%獲得

14pt(1%)内訳を見る

    叶えよ。吾が身をもって、吾が血をもって。叶えよ。叶えよ。叶えよ――。化生の血を引く、稀代の陰陽師―安倍晴明。ある日、宮腹の中納言と呼ばれる帝の血を引く貴族から、禁域の沼で瀕死の状態で見つかった息子を助けて欲しいと依頼がくる。「夢に出てきた不動明王が、安倍晴明に助けを乞えと告げた」という中納言の言葉をいぶかしむ晴明の前に、禁域の沼の主・みずちが現れ!?辺り一面を埋め尽くす屍――そこに数多の命が在ったことすら、消えていく。命尽きるその時、「それら」はいったい何を望んだのか。その願いとは。その願いを聞き届ける者は、誰なのか――。新説・安倍晴明伝第5弾!

    続きを読む

    レビュー

    3.3
    3
    5
    1
    4
    0
    3
    1
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2018/12/02Posted by ブクログ

      好き

      若菜とじい様どうやってくっついたんだろうか……?
      両片思いがもどかしいけどニヤニヤする

    • 2018/01/30Posted by ブクログ

      ジャケ買いならぬ装丁買いでした‼︎
      そしたらシリーズでたくさん出てたっぽいですねw
      恨みつらみを陰陽師安倍晴明が祓っていくお話し。
      恨みや願いをよくよく伝わるように行間の空きが多くて、文字が少ないから...

      続きを読む
    • 2017/10/10Posted by ブクログ

      ちょっとした雑鬼との絡みとか面白いところはあるけれど、メインの大きな流れとしてグッとくる部分がない。雰囲気ある言葉がするするつらつら滑っているだけに思える。少年陰陽師シリーズは好きなんだけどな。

    セーフモード